販促方法をアプリへ移行する際に押さえておくべきポイントとは?

販促方法をアプリへ移行する際に押さえておくべきポイントとは?

飲食店を営んでいる方やWebマーケティングを専門とする企業の担当者など、現在の販促方法を大きく見直し、アプリへ移行したいと考えている人も多いのではないでしょうか?販促方法をアプリへ移行する際には、気をつけておくべきポイントがいくつかあります。ここでは、販促方法をアプリへ移行する際に押さえておくべきポイントについて、告知方法や告知内容の両面からアプローチし、解説をしていきます。

アプリへ販促を移行するポイント1:告知方法を検討する

アプリへ販促を移行するポイント1:告知方法を検討する

アプリへ販促を移行するポイントの一つ目は、告知方法の検討です。これまで別の方法で販促活動を行っていた場合、お客さまに周知・理解を促すことが大切になります。

告知方法については、いくつか方法があるので、それぞれ解説していきます。

WEBやSNSを活用する

一つ目の方法として、WEBやSNSで告知をするという方法があります。ホームページを運営している店舗や企業では、お知らせにアップして告知するようにしましょう。

また、アプリでの販促に移行した際にキャンペーンを展開し、ホームページなどにバナーなどを設置して、アプリのダウンロードを促すといった手段もあります。

SNSの活用では、インフルエンサーを起用して、アプリを周知するというのも一つの手です。

チラシやメルマガ、DMなどを現在の販促ツールを活用する

従来の販促では、チラシやメルマガ、DMを活用していたという人も多いのではないでしょうか?これらを活用して、新たにアプリに移行する旨を告知することも可能です。

現在使っている販促ツールがあれば、上手に活用して、お客さまにアプリの存在を周知していきましょう。

メールで告知する

販促をアプリに移行する際には、メールを活用することも可能です。メールを活用する場合は、メールの文面にアプリをダウンロードできるリンクを設置し、アプリのダウンロードを促します。

ここで注意したいのが、お客さまにアプリを探してもらうような誘導の仕方をしてはいけません。スムーズにアプリダウンロードをしてもらえるように、導線をしっかりとつくっておきましょう。

店頭でお客さまに声がけをする

最もアナログな方法となりますが、来店したお客さまに対して、直接声がけをするという方法も一つの手段です。

店頭で声がけをする場合は、チラシなどを一緒に添え、チラシ内にQRコードを設置すると大きな効果が期待できます。

店頭でお客さまへの声がけは、直接お客さまにアプリの存在を伝えることができるという点で、アプリをダウンロードしてもらえる可能性が高まります。

アプリへ移行できたら、積極的にお客さまへ声がけをし、アプリのダウンロードを促しましょう。

アプリへ販促を移行するポイント2:告知内容を検討する

アプリへ販促を移行するポイント2:告知内容を検討する

アプリへ移行するポイントの二つ目は、告知内容の検討です。

アプリをお客さまにダウンロードしてもらうのは、お客さまにとってはひと手間かかってしまいます。お客さまにとって、アプリをダウンロードするメリットをしっかりと伝えなければ、アプリの浸透は難しいでしょう。

アプリ移行の告知を行う際は、ただアプリがスタートする旨だけでは不十分です。お客さまがアプリをダウンロードすることによって享受できる恩恵についてもしっかりと伝えるようにしましょう。

具体的には、限定クーポンの発行や店頭で購入時やサービス利用時に会員証を提示することで特典を用意するなどあります。

告知内容が良ければ、お客さまに注目され、口コミで多くの人にダウンロードしてもらえるでしょう。

まとめ

ここまで、販促をアプリに移行する際の押さえておくべきポイントについて解説してきました。販促方法の移行は、どのようにお客さまに周知させるか、手法の検討が重要となります。また、告知する内容についても、単にアプリをリリースした内容だけでは、お客様もメリットを感じられず、アプリの浸透は難しいでしょう。

しっかりとお客さまの心情を察知・理解し、販促方法をスムーズにアプリへ移行できるよう、ここで紹介したポイントを参考にしながら検討してみましょう。