IDFA問題により変化するアプリマーケティングの今後とは

IDFA問題によって、様々なものが変化していますが、アプリマーケティングも変化していくと缶がられています。では、どのように変化していくのでしょうか。
そもそも、IDFA問題とは、iOSのアップデートにより起きた問題です。IDFAとは、iOSの端末一つ一つに割り当てられるIDのことで、これを用いることで、アプリなどに広告を出している方々は、広告を一括で管理することができます。しかし、このIDFAが、iOSでアプリ単位でオプトインされることになり、その結果、広告の管理がとても難しい、というようなことになりました。しかも、ユーザーは、広告主に広告トラッキングデータを提供するかしないかを選ぶことができるため、そうなると、よりデータ管理が難しくなる可能性があります。アプリマーケティングの難しさは、増していっている、と言えるでしょう。
今後の動向に期待が集まります。

おすすめ記事