WEBアプリとは、そして、WEBアプリ制作の流れとは

スマートフォンが多くの方々に普及したことによって、アプリケーションを使う頻度もとても多くなっています。その中でも、WEBアプリは簡単に作れて、なおかつ簡単に使われることができるものとして、有名です。では、WEBアプリとは何なのでしょうか。そして、制作の流れとは、どのようなものなのでしょうか。

WEBアプリとは

WEBアプリとは、その名前の通り、WEBブラウザ上で動くアプリケーションのことを言います。WEBブラウザとは、Androidであれば、Google Chromeが人気で、iPhoneであれば、Safariが人気です。検索して情報を得るために使うアプリ、と言っても良いでしょう。そのブラウザ上で動くアプリケーションが、WEBアプリなのです。具体的に言えば、Gmailやブラウザ版YouTubeなどが、WEBアプリに該当します。混同しやすいのが、WEBサイトです。WEBサイトは、コンテンツの閲覧を目的としたもので、投稿する人が自在に変更することができますが、それを閲覧する人は、特に操作できません。対して、WEBアプリでは、ユーザーが様々な操作を行うことができます。そこが、サイトとアプリの違いと言えるでしょう。

WEBアプリ制作の流れとは

WEBアプリは、初心者が制作できるものではない、と考える方は多いです。確かに、プログラミングと聞くと、初心者にとっては難しいもの、という印象が強いです。しかし、最近では、その辺りのツールは充実しており、そこまで知識がなくても、便利なWEBアプリが開発できるようなツールがたくさん存在しています。ですから、初心者でも十分にWEBアプリを開発することができるのです。

WEBアプリ制作に必要な流れはいくつかあります。

まず、WEBアプリがどのように動いているのか、その仕組みを知ることです。WEBアプリは、フロントエンドとバックエンドという二種類に分けることができます。フロントエンドとは、簡単に言えば見た目のことで、表示される画面のことを指します。ユーザーにとっては、操作性の快適さに直結する部分であるため、とても重要であると言えます。バックエンドは、データを保存したり、処理したりする部分のことで、この部分をしっかりと構成することで、データ処理の速度を上げて、ユーザーがより快適に使用することができるようになります。フロントエンドと負けず劣らず重要であると言えるでしょう。

それから、プログラミング言語について、軽く知っておきます。フロントエンドは、HTML、CSS、JavaScriptについて知り、バックエンドは、PHPについて知っておけば良いです。

そして、WEBアプリ開発ツールを用いて、コツコツと開発していきます。あとは、どれだけ根気が持つか、という勝負になるため、根気よく続けましょう。

まとめ

自在にWEBアプリを開発し、便利に使用しましょう。